2016年1月25日月曜日

♯117「ピストル反動コンテストの旅」【放送後記】

西垣です。

カウントダウンイベントでの清正くんのピストルを撃ったときの、
演技が素晴らしいということで、
この企画が生まれました。

さて、5者5様の反動演技を振り返ってみたいと思います!

トップバッターは横山清正くん。



ミスターピストル反動!
そういえば、清正コーラという、コーラのふきだしに、
驚くという演技も大変すばらしいのでした。



「石田のアバターが京都を満喫する旅」より
驚いて飛ぶ清正くん。

そして、今回は…



ド迫力の演技、もはやカンフーアクション!
結局優勝。

続いては、北岸くん。
彼は、階段落ちを熱演。





実はスローモーションで演技をしているので、
躍動感は抑え目です。

しかし…、水落ちは

誰にもまねできない!
桶の中にでんぐり返り!見事2位入賞。

さて、身体性ばつぐんのダイチくん。


しかし、黒子の満腹さんとの、連携がうまくいかず…。


黒子に持ち上げられて、空中ジャンプを披露したいところ、
だが、肝心の黒子はるか遠く

途中アクロバティックな動きを見せるも、
出だしのミスが足を引っ張り、点数は伸びなかった。

続いては土佐さん。


反動で時空の壁を越えてしまうという、
SF反動演技。



途中の農民役の大歳さんも飛び出した!



農民がモゴモゴして台詞が聞き取れなかった。
終わったのかどうか分からず、戸惑う石田さん。

最後は暗い旅MC酒井さん。



反動で服が脱げてしまうという狙いだったが、
まったく脱げなかった。不穏な空気に耐え切れなくなった酒井さんは、
自分で服を脱いでしまった。



それも含めての0点。笑っている酒井さん。
次回はそんな酒井さんにまつわる旅です!

2016年1月9日土曜日

♯116「金に困っている永野の旅」【放送後記】

新年会企画を予定していたのに、金に困っている永野さんを追いかける回に
なってしまいました!
金がないと人は目をつむる。

追い込まれると、どんどん悪い方向に。


ついには路上で文字を売り出しました。
だけど、

「生きてるだけで精いっぱい」

「所詮人生夢劇場」

「来世があるさ」
と、ネガティブなものばかり…。


途中殴られ屋になるも、稼げなくて…。

ついには闇のゲームに参加。


だけど、すべては、暗い旅メンバーのプレゼントの
ために、お金を貯めてくれていたのだった!

という劇的なドラマでエンディング!

こちらは、
ちゃっぴり茶番感が出てしまった場面↓


2015年8月19日水曜日

♯107「文房具コレクターの家にお邪魔する旅」【放送後記】

橋本です。

今回は、


文房具コレクターの家にお邪魔する旅


ヨーロッパ企画第34回公演「遊星ブンボーグの接近」にまつわる企画です。


一風変わった文房具をコレクションされている、きだてたくさんのお家にお邪魔しました!


玄関を入ると、早速大きなスティックのりが!
手前の石田さんの指と比べると、異常な大きさです。



規格外の大きなハサミ!


静電気でボードに引っ付く便利な最新文房具も紹介してくださいました。



酒井さんは、文房具にまつわる悩みをきだてさんに、相談します。


熱で消えるボールペンで書いた大事なメモが、ヘアアイロンをノートの上に置いてしまったせいで
消えて困っているという、なんともおっちょこちょいな酒井さん。


きだてさんからは、冷やせば元に戻るという解決策が。


コールドスプレーで冷やすと…


大事なメモが復活!


「キツめのパーマかけたら良い」と角田さん…。


あまりにもドジな酒井さんに呆れ、文房具側からのアプローチではない解決策が飛び出しました!

2015年7月22日水曜日

♯105「サーゴラスイッチコンテストの旅」【撮影後記】

橋本です。

今回の旅は・・・




サーゴラスイッチコンテストの旅


そして、今回からは、ディレクターが隔回当番制に変更になりまして、
橋本が初めてディレクションを担当する回でございました。


番組MC石田さんと酒井さんの母校、同志社大学が舞台。


初々しく元気な後輩たちと、楽しい収録になりそう!


まず挑戦してくれたのは、芸術系サークルのART-SOZO。


芸術性の高い大掛かりな装置でしたが、思っていたようにはいかず、失敗…。


続いては、お笑いサークル喜劇研究会の部室へ。
この日、収録の他に、コントイベントがある中一生懸命装置をつくってくれました!


動く人形⇒ドミノ⇒DVDプレーヤー⇒リモコン⇒エアコンの連鎖という、
かなり大掛かりな装置に期待が高まります。


ほぼ成功しましたが、旗が出きらず、まさかの失敗。


これには、部員のみなさんもショックを隠し切れない様子でした。


連続の失敗という事態に、出演者も不安になってきました…。


僕の思いはどうにか、成功してほしいと少しネガティブになる中、
史跡同好会みなさんは、「最後の最後に私たちが決める!」と、対照的にポジティブ!


仏像のフィギュアや、歴史の本を組み込んだ史跡感たっぷりの装置でしたが、こちらも失敗…。


残念な結果ではありましたが、みなさん笑顔でサーゴラを楽しんでくれました!


そして、番組も終盤。ART-SOZOの泣きの1スイッチ。


今度は見事、旗が飛び出し、見事大成功!


渾身のガッツポーズも飛び出しました!



最後はみんなで記念撮影!


次回は、欣也さん率いる京大生チームによる「カシコラスイッチコンテストの旅」です!


2015年7月8日水曜日

♯104「知らんヤツがパーティにくる旅」【放送後記】

橋本です。

今回の旅は…


知らんヤツがパーティにくる旅

知らない京都演劇人がどんどんパーティにやってくる、というような旅でした。


収録前から、心配そうな3人。というのも…


「また不条理な競技会がある旅」で石田さんを驚かせた、努力クラブの九鬼そねみさん。

「黒木マジックショーの旅」で入れ替えマジックで突如登場したやおよろズのましろんさん。

「石田のアバターが京都を満喫する旅」で初出演された、
B級演劇王国ボンク☆ランドの西マサト国王。


 などなど、過去の事例から、放送事故みたいになるんじゃいないかと、ビクビク。



でも、知っている可能性もあるから、とスタッフ陣の想定の甘さを指摘するなど、
長年京都で演劇を見てきた自負もある様子の3人。

そして、収録を進めると、京都の若手演劇人の相関図ができあがりました。


我々が知らなかった方々同士の多くは、実は知り合いだったという方が多く、
ずらっと並んだ若手演劇人を目の前に、勉強不足を反省する一同なのでした。



次回は♯105「サーゴラスイッチコンテストの旅」です!